【Cataclysm Dark Days Aheadプレイ日記その1】世界中がゾンビになりました

CDDA

今日からCDDAのプレイ日記を始めます

今日からcddaをやってこうと思います。このゲームの説明をすると、世界中の人間がゾンビになり、AIは狂い、異世界からのポータルが開き、宇宙からミ=ゴが飛来してくる世紀末サバイバルローグライクです。目的はゲームを進めていく中でなんか決めたいと思っています。研究所の攻略とかね。

キャラメイクをしていきます

特質はこんな感じにしました。戦闘に有利だとつまらないので病気耐性や毒耐性など補助的な特質をメインに取得しています。戦闘は仲間にしたNPCに任せます。可憐の特質があればどんな人でもイチコロなのだ。夜目はいらないけどポイントが余ってたんで振りました。まぁいつか役に立つ日が来るかもしれません。それではキャラの紹介が済んだところで世界に降り立ちます。

避難所からのスタートです

世界中が崩壊し、命からがら避難所に逃げ込んだところからゲームはスタートします。避難所には同じように逃げてきた人がいるようです。名前を聞くとマデリン ロングと名乗りました。どうやら頼みたいことがあるそうです。

クエストを受けました

詳しい話を聞くと帳簿をもってきてほしいらしい。誰が間違ってるか分かったところで何の解決にもならないんじゃないか?まぁ崩壊した世界で生きていくには誰かのせいにしてメンタルを保つしかないのかもしれません。最初のクエストは何通りかあるんですが今回はめんどくさいですね。帳簿はどこにあるのかわからないので放置します。もっと簡単なクエストが来てほしかったー。犬を探せとか、母親を殺せなんかだったら一日で終わすことができるんだけどね。

とりあえず全体マップを見てみます

現在地は画面中央付近のの+マークのところ。画像ではxマークのところにいるんですが初期地点でのスクショを取り忘れてました。あたりを見渡すと×(電波塔)があります。電波塔に登れば周囲の地形を知ることができる。今後の方針を立てるためにも周囲に何があるか知っておいたほうがいいだろう。ということで電波塔まで行きます。まぁ見たらわかる通りすでに電波塔にいるんですけどね。

今後のとりあえずの方針を決めていく

北の町を見ると様々な施設があります。なんかいいとこないかなーと探していたところv(銃砲店)がありました。銃砲店はその名の通り銃が置いてあるところです。肉弾戦に向いた特質はとっていないので遠距離攻撃ができる武器は早めに確保しておきたいところ。よし!最初に目指す場所は銃砲店にしよう。

まとめ

ということで当分の間は銃砲店到達に向けて動いていきます。まぁまっすぐ行くんじゃなくてどうせ寄り道もするけどね。これからものんびりやっていきたいと思うので、よろしくおねがいします!

コメント